スポンサーサイト

2016.05.30 Monday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -

    作物の研究 タマネギ byチラシ制作班

    2013.10.19 Saturday 21:41
    0
      性質
      ユリ科。原産地は中央アジア。
      冷涼な気候を好み寒さにも強い。
      生育適温は10℃〜20℃。茎葉の成長は10℃〜15℃でよく発育するが、球の肥大期には15℃〜20℃の温度と長日条件が必要。

      生育
      生育期間は8〜9ヶ月と長いが手間がかからず、大量に取れても貯蔵がきくので便利。
      一部の害虫(タマネギバエ、タエバ)を除いて致命的な病害虫もなく、土壌が酸性にならない限り、連作障害も少なく作りやすい。
      酸性土壌に弱い。適性酸度pH5.5〜6.7


      特徴
      泣きながら切る 切った瞬間からやたら涙が出るもの、水にさらしてもピリピリとたまらなく辛いものもあります。
      タマネギの辛味は硫化アリルという硫黄を含む成分です。タマネギを切ると空気に触れてこの硫化アリルの仲間の催涙性物質が発生して涙が出るのです。


      食す所
      私たちが食べているのは、根、茎、葉のどこでしょうか。
      実は葉なのです。葉の下の葉鞘と呼ばれるところが成長するに従って厚みを増し、重なり合って球体になったものです。
      この部分を1枚ずつはがすと魚のうろこのようになるので鱗茎と呼びます。
      日の長さがその品種に適した時間数に達し、温度が上がるとこれが徐々に膨らんでタマネギらしくなってくるのです。  

      スポンサーサイト

      2016.05.30 Monday 21:41
      0
        category:- | by:スポンサードリンク | - | - | -
        Comment








           
        Trackback
        この記事のトラックバックURL

        PR
        Calender
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << August 2018 >>
        Twitter
        つちのこについて
        つちのこについては、こちらをご覧下さい。
        カウンター
        Selected entry
        Category
        Archives
        Recent comment
        • ほくほくじゃがバター@六甲祭
          Jin
        • 野菜の苗を植えました!
          kemusi
        Link
        Profile
        Search
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM